時代劇っぽいけど、実はコメディ?

 

銀魂は週刊少年ジャンプで2003年12月から連載を開始している。作者である「空知英秋(そらち ひであき)」の初めての連載となるSFチックな時代劇をテーマとした人情溢れるコメディタッチな漫画である。銀魂の単行本の方は2009年2月現在で、27巻まで刊行されて、その単行本売り上げは現在2,400万部と大ヒットを記録するほどの人気ぶりなっている。坂田銀時が、周囲の面々と繰り広げるギャグコメディがストーリーの基本路線となる、しかしシリアスな場面も存在する。ギャグの中には漫画やテレビアニメ業界のネタが多く登場し、連載している週刊少年ジャンプの世界観もネタの対象となる。 「ジャンプフェスタ・アニメツアー'05」よりアニメが上映なされ、2006年4月4日から、テレビアニメシリーズが開始となる。2010年のゴールデンウィークーには『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』が公開。週刊少年ジャンプ、テレビアニメにおいて使用していた偽映画予告編を、そのまま「予告編を作る暇がない」という理由で再利用。

坂田銀時(さかた ぎんとき)は本作の主人公。声優は杉田智和。

 

何でも屋でもある「万事屋銀ちゃん(よろずや銀ちゃん)」営んでいる銀髪で天然パーマの侍。 目の色は藍色、アニメ版ではえんじ色。死んだ魚のような目だと言われているが本人によると「いざという時はきらめく」と語る。この侍は無気力でだらしない、普段から卑猥な言動などを放ち、金に汚いのである。また向上心が全くなく常に金欠なのであるが、当の本人は気にしてない様子。変なところにマニアックな部分があり、ジャンプ歴は二十数年。極度の甘党で、甘いものを定期的に摂らない時には血糖値が糖尿病寸前の域まで達する。 「カルシウムさえ摂れれば人生は大抵うまくいく」と語るが、本人はお気に入りの「いちご牛乳」や「コーヒー牛乳」などの甘い乳飲料しか飲めないのである。

登場人物紹介。

 

続々公開中